wordpress

2種類のサイトマップの解説と初心者でも簡単に作成する方法

サイトマップってみなさんご存知ですか?簡単にいうとサイト全体の構成をまとめてみることができるページのことです。

 

ユーザーに分かりやすく説明するサイトマップとクローラに分かりやすく説明するサイトマップの2種類あります。

 

自分もサイトマップのことは全然知らずに始めたが意外と重要な役目があるので解説と初心者でも簡単に作成する方法を紹介していきたいと思います

 

かい
まずはサイトマップの2種類について紹介していきます。

 

サイトマップには2種類ありそれぞれの解説をしていく

まずはサイトマップには2種類あります。

HTMLサイトマップ

XMLサイトマップ

HTMLサイトマップは各ページのリンクがまとめられていてどんな内容があるのか分かるためユーザーが迷うことなく欲しいページに辿り着くことができる

 

XMLサイトマップは検索エンジンにサイト内にどんな記事があるのかを伝えることができる役割を持っている。

 

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップを作成することで記事が多くどこに何があるか分からないサイトも一目で目的のページに辿り着くことができる。サイト内のすべてのページがみられる

 

内部リンクが少なく記事数だけが多い場合は利用した方がいいです。

 

HTMLサイトマップを利用するメリットは検索から来たユーザーがサイトマップを通じて他のページに飛んでくれる可能性があり滞在時間が伸びる

 

あとは直帰率も減りアクセス数の上昇が期待できる

 

作っておいて損はないです。記事数が増えていくとサイトマップがないと不便になってきます!簡単に作れるので時間がある時にサクッと作っておきましょう

 

XMLサイトマップ

XMLサイトマップを作成することで検索エンジンに知らせることができるからインデックスが通常より早まります。

 

複合キーワードで競合が少ない場合数日で上位表示も狙えるようになります。

 

関連ページがない記事や内部リンクがない記事だとクローラが気づきにくくいつまで経ってもインデックスされないものがあります。

 

そこでXMLサイトマップを作ることでその記事もしっかりクローラに巡回してもらえてインデックスされやすくなる

 

つまりSEO効果があり、上位表示の期待が高まります。

 

サイトの存在を認識してもらうためにもXMLサイトマップは設置しておきましょう

 

HTMLサイトマップを簡単に作成する方法

それではまずはサイトマップを簡単に作成する方法を紹介していきます。それはWordpressのプラグインを利用することです。ホントに簡単で何も知識がなくても作成できちゃいます

 

手順1 プラグインの新規追加を押して「PS Auto Sitemap」をインストールして有効化する

手順2 設定の欄から「PS Auto Sitemap」をクリックしていきます!するとこういう画面が出てくる

各種設定を行うとき自分の場合はホームページの出力と固定ページの出力はいらないと思ったのでチェックを外しました。

あと設定が必要なところはサイトマップを表示する記事です。これは後で説明する

 

手順3 設定が完了したら変更を保存して一番下のHTMLコードをコピー

このHTMLコードはサイトマップを作るページに貼り付けます

 

手順4 固定ページでサイトマップ用の記事を作る

コードを貼り付ける時はスタイルをカスタムHTML形式に変更してからやりましょう。

タイトルはサイトマップで大丈夫です!打ったら公開しましょう!

 

手順5 公開するとIDが出てくるのでコピーする

丸で囲んでいるのがIDとなります。これが重要なので覚えておきましょう。公開ボタンを押すとURLを見るとIDも表示されているのでメモしておいてください

post=○○で表示されています。

 

手順6 再び設定から「PS Auto Sitemap」を表示して【サイトマップを表示する記事】にIDを入れましょう

これが終わると作成が完了します。

 

その後、外観→メニュー→サイトマップにチェックを入れる→メニューに追加を押す→メニューの設定でヘッダー用メニューにチェックを入れる→メニューを保存これでヘッダーにサイトマップが表示されるようになる

 

以上でHTMLサイトマップの作成方法は終わりです。続いてはXMLサイトマップの作成方法について紹介していきます

 

XMLサイトマップを簡単に作成する方法

XMLサイトマップを作成する方法を紹介していきます。

 

インデックスを早めて検索エンジンに短期間で表示させるためには絶対に作成した方がいい

 

それでは紹介していきます

 

簡単なやり方でプラグインは2つあります。1つは「All in One SEO」ともう1つは「Google XML Sitemaps」です。

 

Google XML Sitemapsを利用するときはAll in One SEOは有効化にしない方がいいです。どちらか1つのプラグインを利用してください。

 

SEO対策されているテーマを利用している際All in One SEOは要らないので除けておきましょう。2つとも有効化にすると重複してかえって悪くなる可能性もあるので気をつけてください

All in One SEOでのXMLサイトマップのやり方

手順1 All in One SEOというプラグインをインストールして有効化

手順2 All in One SEOの中の機能管理をクリックしてXMLサイトマップのActivateをクリックする

画像のように色が青くついたら完了

 

手順3 All in One SEOの中にXMLサイトマップが表示されるようになるのでクリックして設定する

あくまで自分が設定したものを教えていきます

RSSサイトマップを作成はチェックを外す

更新予約は毎週

サイトマップインデックスを有効化にチェックを入れる

投稿タイプの投稿と固定ページにチェックを入れる

タクソノミーはカテゴリーにだけチェックを入れる

日別アーカイブページを含めるはチェックをしない

投稿ページを含めるもチェックはしない

画像を除外もチェックをしない

サイトマップを動的に生成にチェックを入れる

あとはいじっていない

これで設定は完了です

 

Google XML Sitemaps

手順1 プラグインの「Google XML Sitemaps」をインストールして有効化

設定の中にXML Sitemapがあるのでクリックをして設定することができます。

別に変更する箇所は自分にはなかったので何もいじってませんが表示されたくない記事やカテゴリー、サイトマップに表示したいものにチェックを入れることも外すことも可能です。

 

正直有効化にしたあと何もいじっていませんがインデックスはめちゃくちゃ早いです。是非試してみてください

 

 

有料note情報

このnoteではブログでは言えない自分が1年間でやってきたインプット・アウトプットを繰り返してできた出会い系アフィリエイトノウハウで初心者でも取り組みやすくなっている。

 

初心者の僕でも半年で200,000円超えた方法を紹介

 

やる気がある人にオススメなnoteになっていて自分の収益を加速させた有料ツール・無料ツールも載せている。

男性ユーザーを狙う方法や女性ユーザーを狙う方法も書いています

 

Twitterのフォロワー500人でたった2ヶ月で70万達成した手法

 

-wordpress
-,

Copyright© アフィリエイトの教科書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.